「グロービッシュ英語」をシンプル英語で表現してみた!

「グロービッシュ英語」をシンプル英語で表現してみた!

「グロービッシュ英語」をシンプル英語で表現してみた!

 

これからは主流(the mainstream:ジャズでよく用いられる)となるグロービッシュ英語を95%用いて、その特徴を説明してみた。最小限の文法も説明を試してみた≫

People(不可算名詞:複数形が無い) who (関係代名詞:その前にある名詞を修飾して、形容詞節を作ります)learn only 1,500 words are necessary enough(名詞を含む慣用句では、enoughは名詞の前に置く。Enough ~/充分な~).

The sentence structure is easy,andand等位接続詞=SV 「Nothing is as easy as it looks.何事も見かけよりは簡単でない)。2つのasのうち最初が副詞で、「同じくらい」と言う意味です。2つ目のas接続詞で次に文章や単語が続きます complicated grammar and pronounciation are not necessary.

The person(可算名詞:通例personsよりpeopleを用いる) who (関係代名詞)have a

good teacher , good materials and if is motivated ,is worn (wearの過去分詞)one year.

Globish English gives (gives confidence 自信を与える。Giveは他動詞、目的語をとる) confidence to people whose(whoの所有格。疑問代名詞or関係代名詞。 English is not (等位接続詞)perfect.

That’s all.