英語で『これが言いたかった。これが言えなかった❗』大事典

英語で『これが言いたかった。これが言えなかった❗』大事典

英語で『これが言いたかった。これが言えなかった❗』大事典

2020年のスポーツ・ゲ―ムも怖くない❗

勿論、海外旅行も大丈夫です❗

さあ、世界に活動範囲を拡げましょう❗

『緊急特集』

言いたいことが言えるようになる「5つの秘訣」

*TOKYO GAMES も怖くない❗

*海外旅行も大丈夫!

《秘訣その1》

  • ①シ―ンの定番表現を覚 える
  • ②応用範囲がとても広い お役立フレ―ズを覚 える

→シ―ンの定番表現を覚え る!!

a.航空券を買うとき:

An aisle seat,please.
(通路側の席をお願いし ます。)

b.入国審査で

Sightseeing.
(観光です)

c.ショッピングで

l’ll take this .
(これをください)

d.レストランで

What do you

recommend?

(オススメは何ですか ?)

e. 街角で

I m lost.

(道に迷い迷いました)

f.自己紹介で

We’re from Japan.

(私たちは日本から来 ました。)

→お役立ちフレ―ズを覚え る

a.許可を得るとき

Can I change seat?

(席を替わってもいい ですか?)

b.何かを欲しいとき

Do you have a thermo meter?

(体温計はありますか?)

c.依頼したいとき

Can you let me off here ?

(ここで降ろしてもらえ ますか?)

d.希望を伝えるとき

I’d like some coffee,please.
(コ―ヒ―を下さい。)

I’d like to return this.
(返品したいのですが。)

e.あるかどうかを聞きた いとき

Are there any messages

for me?

(私あてのメッセージは ありますか?)

《秘訣その2》

①気持ちを伝える表現 をストック

→感謝の気持ちを伝え たいときや、ねぎらいの言葉をかけたい 場合

a.It’ s nice talking to you.

(あなたとお話できてよ かったです)

b.l ‘m sorry to bother you (面倒をかけてごめんな さい。)

c.Thank you for waiting.

(お待たせしてすみませ ん)

d.That’s too bad.

(それはお気の毒に)

e.You’ve been such a bi g help.

(あなたのおかげで、と ても助かりました)

f.That happens a lot.

(よくあることですよ)

《秘訣その3》

When~?(いつ~ですか ?)、Where~?(どこで~ですか?)のような表現は、海外旅行中かなりの頻度で使います。

でも、ご語順が少し面倒。何度も口に出してスム―ズに言えるようにしておきましよう!!

①相手に尋ねる表現を マスター

基本の語順(例)→Where +動詞・助動詞 +主語~? (文末は下げて言うのが、 普通です)

a.場所を尋ねるwhere

Where is Terminal 3?

(3番タ―ミナルはどこ ですか?)

Where can I check in?

(チェックインはどこです るのですか?)

b.時を尋ねるwhen

When is your birthday?

(誕生日はいつですか ?)

When do l have to pick up my baggage ?

(バッグはいつ受け取る のですか?)

c.方法を尋ねるhow

How do l get to this gate? (このゲ―ト へは、どう 行けばいいですか?)

d.それが何かを尋ねる|what

What’s the local

specialty ?

(この地方の名物料理 は何ですか?)

e.どちらなのかを尋ねるwhich

Which is the first routeto the airport?
(空港まで早く行ける道 はどれですか?)

《秘訣その4》

a.主語を補って考える

I’m have the fish.

(私は魚料理を食べます)

I’m 172 cm tall.

(私は身長が172cmあ ります)

How long do l (we)haveto wait?
(どのくらい待ちますか?)

How late are you open?

(何時までやっています か?)

b.「私は」を主語にしてみ る

I didn’t request this kindof room.
(私はこのような部屋を お願いしませんでした。)

I can’t open the safe inmy room.
(私は部屋の金庫を開け ることができません。)

I can’t get any hot waterfrom the shower.
(シャワーのお湯が出ませ ん)

c.日本文を変えてみる

Can I take this home?

(持ち帰っていいですか?)

My friend is siiting overthere.
(私の友人は向こうに座 っています。)

The next person to mefeels sick.
(私の隣りの人は気分が すぐれません )

「ワンポイント・アドバイ ス」

上記の《秘訣その3》と《秘訣その4》について。

このような言い方しかないわけではありませんが、知っている単語を駆使し、優しい英文で言うためには、このような秘訣表現を覚えておくと役に立ちます。

《秘訣その5》

音を舌と耳になじませる❗

a.:単語はつながって発音 させてる

Can I take a picture?

(キャナイテイカピクチ ヤ?):発音についての ワンポイントアドバ イス!

「nとl」がくっついて(ナイ)となる。
「keとa」がくっつい て(カ)となる。

b.重要な単語は強く発音 させる

Where can I get a meal ? (ここで大事な情報は
Where,get,mealです)英語では以下のような強弱をつけて発音されます。

「ホエアキヤナイゲラミ―ル」

大文字を強く発音します❗

「ワンポイント・アドバイス」

*英語の音の特徴を真似して発音練習しておくと、相手の話す英語を聞きとる時に大いに役立ちます。CDを聞くときに英文を見て、どの部分がくっついているか、どの単語が強く発音されているか、印をつけてみるとよくわかります。

この秘訣シリーズの次からは、様々なScene(例えば空港・機内編やホテル編等、表現するのに少し迷ってしまう言い方を楽しく覚えていきましよう!

楽しみにしておいて下さいね❗

塾長